海外の毛糸と編み物グッズのオンラインストアchickadee(チカディー)のブログです。ショップは→こちら


7/02/2011

ロープバスケット/ジャーナル1

ロープ編みバスケットのジャーナルです。

「ロープ編み」というのは、「ループ編み」とは違います。

「ロープのように編む」とも違います。

ロープを一緒に編みこんでしまうので「ロープ編み」と

私が勝手に付けた名前です。

「ロープいっしょ編み」が正しいかも?

今回は底の部分までです。

底は中心からぐるぐると外に向かって編んでいきます。

大きく編み広げればマットなども作れます。

出来上がり寸法
 底:約15センチくらい
 深さ:約10センチくらい

使ったものはこちら


 (色:アーティストプリント)1スケイン

そして・・・これ! ↓ 100円ショップで買いました
太さは5~6ミリくらい。カラーのものがあれば、もっとキッチュ感が増します。



今回使ったステッチ

---------------------------------------------------------
全体的なこと

・糸は2本どりで編みます
(スケインの外側と内側の両方から糸を出し、2本一緒に編みます
スーパーセーバーは糸引きがスムーズ!)

・2周目以降の細編みは両山をすくいます。

・増し目=細編み2目

・ゲージは不要です
----------------------------------------------------------



・まず、くさり目を2目

1周目:フックから2つ目のくさり目に細編みを6目

・最後の細編みにマーカー ↓


2周目:

・1周目の最初の細編みにフックを差し
 ↓ このようにロープをセット。ロープ端は3センチくらい出します。

フックに糸をかけ、そのまま普通に細編みを1目




裏から見ると ↓ こんな感じ 
(以降、同様にロープを挟みながら編んでいきます)

・同じ目にもう1目 細編み

・次の目から最後の目まで 各目に細編みを2目ずつ

(キモチ、糸を上に引き出しながら編むと良いです)

・最後に編んだ細編みにマーカーを付け替える
(3周目以降も同様に、最後の目にマーカーで印をつけます)

・2周目の合計は12目になります

3周目:
・2周目の最初の目に 細編み1目

・同じ目にフックを差したら

 ロープ端を、出ている方向とは逆の方向に折り返し・・・

・玉側のロープと一緒に持って2周目同様に細編み1目

(裏から見ると・・・ ↓ )

・次の目に細編みを1目
(ロープ端を隠すように編みます)

次の目に細編み2目

次の目に細編み1目

*~* を最後の目まで繰り返す

・3周目の合計は18目

4周目:

・最初の目に細編みを2目

・次の2つの目に細編みを各1目ずつ

次の目に細編みを2目

・次の2つの目に細編みを各1目ずつ

*~* を最後の目まで繰り返す

・4周目の合計は24目

5周目:

・最初の目に細編みを2目

・次の3つの目に細編みを各1目ずつ

次の目に細編みを2目

・次の3つの目に細編みを各1目ずつ

*~* を最後の目まで繰り返す

・5周目の合計は30目

6周目以降:

同様に、増し目と増し目の間のこま編みを1目ずつ増やして
円を広げていき、好きな大きさまでグルグル編みます。

周の合計目数は1周ごとに6の倍数で増えていきます。


 

この増し目の方法はロープ編みに限らず円を作るときの基本なので
覚えておくと便利です。

ぐるぐる編みはグラデーションの糸など、色がきれいに出るので
私はよく使います。
先日のビーチバッグもこれで編んでます。(フリスビーも♪)

・・・今日のところはこれにて失礼いたします。

続き(ジャーナル2)は→こちら



============================

*パターンの商用利用は禁止いたします。

*引用の際はページリンクを貼って頂きますようお願いいたします。

============================




-----------------------------------------------





0 件のコメント:

コメントを投稿