海外の毛糸と編み物グッズのオンラインストアchickadee(チカディー)のブログです。ショップは→こちら


9/06/2014

Luster Sheen で ipad cozy

リニューアルしたRed Heart Luster Sheen で タブレットケースを編んでみました。


リニューアルといっても、変わったのは容量とボールの形状とラベルデザインのみ。

(お値段は容量換算で以前よりも少しお安く販売できるようになりました)

素材は以前と同じ、とっても編みやすいファインウエイト(中細~合太くらい) アクリルヤーン。

レース糸ほど”きゃしゃ”過ぎず、商品ページの作品例のようなカジュアルな雰囲気のレースプロジェクトが実現します。

また、 縒りがしっかりしていて、毛羽立ちも少なく、ドーリーや、小さめのアクセサリーにも向いてると思います。

実は3年ほど前にリニューアル前のLuster Sheen で iphone ケースを編みまして。。。


あれからかなり使い込んで、洗濯も数回。

しかしながら色落ちもなく、毛玉も殆どできず。

ヘビーに使うケース類、ポーチやパースにも良いのではないかと。。。

で、今回は以前から欲しかったタブレットの持ち出し用ケース。

ステッチはこちらをお借りして、ちょっとアレンジ。


編み図は長編みですが、今回私は細編みで、4段ごとに色を変えています。

また、シェブロン(波)の間隔を狭くしたかったので、山と谷の間の目数を5目から3目に減らしました。

前段の目をすくうときはバックループ(編み目の奥の片山)だけをすくっているので、ウロコみたいに立体的にギザギザしてます。(ウロコが苦手なかたは両山すくって下さい)

全体的なプロセスとしては、、、、

タブレットの短辺の長さよりも少し小さめに幅をとり、長辺の2倍の長さになるまで編み、

最後に編み地を横にして、長辺に細編みを編み、幅を調整。

(ここでもやはり、ちょっと狭めにしておくと、出来上がり、本体を入れたとき、ぴったりフィットして気持ちがいいです。)

幅が決まったら、編み地を中表に折り、ホイップステッチで脇をとじます。

ホイップステッチはコチラをご参考下さい。 

編み地を表に返すとこんな感じでステッチが出ます。

17cmx24cmx厚さ1cm弱のタブレットで、使用量は3色各30g前後でできました。

余り糸で iphone Cover
ちっさいシェブロンは山と谷の間を2目にして、2段で色変えです。
(今回はカメラ穴も作りました!)

そして当然、待ち受けも(^^)/

商品ページのご案内です。

カラーパレットもNew! 11カラー


パステルカラーもCute!





=============================
*パターンの商用利用は禁止いたします。
*引用の際はページのリンクを貼って頂きますようお願いいたします。
=============================








0 件のコメント:

コメントを投稿